マンションの家賃収入の今後における展望

マンションを賃貸し、家賃収入を得るというのは人気の投資方法です。ただ、住宅不足が続いていた従来の状況と異なり、部屋余りが目立ってきた昨今においては、マンションで家賃収入を得るための投資には、慎重な検討が求められます。
 人口減少時代に入ったとはいえ、単身で暮らす人々が増える傾向にありますので、賃貸マンションの需要というのは今後も続くでしょう。ただ、以前のように供給数を超える需要が続くかというとそうとは限らないため、マンションの立地には相当注意する必要があります。大きな駅のそばであれば、今後も需要が途絶えることはないと考えられます。人口は減少しても、老人世帯は増えます。老人世帯は車の運転が困難になるため、郊外から便利のいい地域の駅のそばに移り住もうとする傾向があります。最近の若い世代は車の免許を取ろうとしない傾向があると指摘されてもいますから、若年層も、以前よりは駅のそばを好みます。安定的な家賃収入を得るためには、せめて駅から徒歩圏内のマンションとしたいところです。
 大学や専門学校などのそばに賃貸用マンションを購入するケースもありますが、最近は大学のキャンパスも都心に回帰する傾向があり、大学のキャンパス移転には注意を払う必要があります。移転してしまったら、家賃を下げても部屋が埋まらない可能性が高いです。便利な場所の駅のそばというのが、最も無難なところでしょう。

 あまり良くない立地のマンションの場合、賃貸市場が一変したということを踏まえておく必要があります。わが国ではずっと住宅不足が続いてきて、賃貸物件は貸し手市場でした。しかし、戦後初めて人口が減少に転じ、空き家はもとより、空き室も増えてきています。そのため、礼金ゼロ物件というのも増え、契約更新料をとらないところも出てきています。不動産会社では、仲介手数料も借り手からはとらないところが増えています。
 礼金ゼロになるということは、部屋の回転率が高いのは、歓迎すべきことではないということになります。借り手が変わるごとに、室内はある程度リフォームすることが望まれます。リフォーム費用も、以前のように借り手には請求しづらくなっています。つまり、回転率が上がるということは、家主の出費がかさむということになり、長く住んでもらえるよう、家賃を下げたり、契約更新料をなしにしたりする必要も、今後は生じてきそうです。
 ただ、駅前のような好立地なら、そうしたことをしなくても部屋が埋まる可能性が高いです。立地の選択は、なによりも大事です。